グルコバイの画像

グルコバイは糖質吸収抑制機能を持つ糖尿病患者向けの薬です。小腸の粘膜にあるグルコアミラーゼという酵素の働きを抑えることで、唾液などに含まれるアミラーゼを阻害するという仕組みになっています。そんなグルコバイの用法などを紹介したいと思います。

グルコバイの使用方法

口から摂取された炭水化物などの糖は、通常唾液や小腸での消化酵素によって吸収できる形に消化され、体内に吸収されます。グルコバイはこの小腸での消化酵素の働きを阻害する薬です。これによって、糖が吸収されないため血糖値の上昇が抑えられます。グルコバイは処方箋医薬品であるため、その使用方法は、処方した医師によって指示され、薬剤師が説明しますが、医師、薬剤師は厚生労働省の認可した用法・用量に基づいて、具体的な方法を決定します。この厚生労働省の認可を受けた添付文書によれば、成人用量は薬効成分として、通常1回100mgを1日3回、食直前に服用します。食直前とは、おおよそ食事の5分前と考えられております。1回50mgから服用を始めて、副作用が出ないか確認したうえで、1回100mgへと増量されることもあります。また、年齢や症状に応じて使用量が増減されることもあります。注意点としては、食直前の服用は飲み忘れてしまうことが多い点です。この場合は、グルコバイを食事前にお茶碗の横においておくことで対処することができます。グルコバイは上記のような機序で血糖を低下させるため、服用前の食事を工夫することでさらに効果がみられます。同じ甘いものや炭水化物であっても、ブドウ糖やショ糖の量の少ない食事にすると良いでしょう。糖の分解を阻害するということは、言い換えればブドウ糖が腸の中で出来ることを防ぐ薬ですので、せっかく防いだブドウ糖を自分で摂ってしまったら何のためにグルコバイを飲んでいるのか分からなくなります。また、高繊維質の食事は糖の分解、吸収を抑えてくれるため、効果はグルコバイほどでないものの、同様の効果が期待できます。

グルコバイの副作用

グルコバイは、小腸における糖を分解する酵素を阻害することで、糖の吸収を遅らせ、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。副作用は重篤なものは少ないですが、軽度のものは比較的多く発生します。一般的には腹部膨満感、下痢、おならが出る等の副作用が服用量が増加するに従い、発生します。これ糖の分解が阻害されることによって、吸収し損ねた糖が、下部消化管で、細菌によって利用されていることによるものです。また、上記副作用はグルコバイと同種類の医薬品にも共通して起こる副作用ですが、グルコバイ特有のものとして、肝臓の検査値異常が報告されたが、肝臓疾患まで至ることはほとんどないということが米国において認められています。また、低い血糖はどの糖尿病の薬についても起こる副作用ですが、グルコバイを含む小腸における糖の分解する酵素を阻害する薬においては、単独での使用ではあまり発生しません。インスリン注射やインスリン分泌を促進する薬などの他の糖尿病治療薬と併用した場合に発生頻度が高くなります。低血糖が発生した場合は、急いで糖を補給する必要が生じます。しかし、補給する糖の種類が問題で他の種類の糖尿病の治療薬であれば、低血糖が発生した場合はブドウ糖が吸収が早く最適であるものの、普通の砂糖でも代用可能であることに対して、この薬を服用した場合の対処としては、ブドウ糖のみしか使用できません。たいていは、ブドウ糖はグルコバイを調剤された薬局から無料で貰えるので相談するのも良いでしょう。あるいは、清涼飲料水にもブドウ糖を多く含むものがありますので、あらかじめ缶に書かれている成分をチェックして、一本持ち歩いておくのも一つの方法です。

グルコバイを安価に入手するには

グルコバイは糖尿病治療薬として血糖値の急激な上昇を抑える作用があります。そもそも糖尿病とは食物から得たブドウ糖の血中濃度が高くなることにより様々な障害を発症させるものをいいます。血液中の糖分濃度が高くなると糖毒性と呼ばれる糖尿病性腎症や糖尿病性網膜症などの重い病気を発症させることがあります。通常であればこのようなことが起こらないように、膵臓のランゲルハンス島と呼ばれる体内で唯一の血糖値を下げるホルモンであるインスリンが分泌されることで血中濃度の調節を図っているのですが、糖尿病患者の場合はインスリンの量が少ない、あるいは効果が薄いために慢性的に高血糖状態にあるのです。高血糖状態が続くとやがて血管を攻撃し血液をドロドロの状態にしてしまい動脈硬化を引き起こすことがあります。そうして心筋梗塞や脳梗塞といった重度の重い疾患を併発することがあります。そうしたことから糖尿病患者は食前に継続して糖尿病治療薬を服用することが必要となり、その一つがグルコバイです。グルコバイはもともとダイエットピルとして開発された経緯があります。食事で摂取した炭水化物はいくつもの糖が連なった状態でありこのままでは腸に吸収されることができません。そこでアミラーゼという酵素によって二糖類に変換され、さらにα-グルコシダーゼによって単糖類に分解されてようやく腸に吸収されるのです。しかし糖尿病患者の場合、一度にたくさんのブドウ糖が吸収されると糖毒性の作用が強まるため、このα-グルコシダーゼを阻害することで少しずつブドウ糖を吸収させることができます。この効果をもつのがα-グルコシダーゼ阻害薬であるグルコバイです。グルコバイは日本国内で100mgと50mgという形でインターネットから個人輸入することができ、処方箋を発行してもらって購入するよりも大変安価に手にいれることができます。